お食事デートで男性に幻滅される「入店時のNG行動」9パターン

お食事デートで男性に幻滅される「入店時のNG行動」9パターン

写真を拡大

お食事デートで男性に幻滅される「入店時のNG行動」9パターン

写真を拡大

気になる男性との距離を縮めたければ、「お食事デート」を繰り返すのが手っ取り早いでしょう。テーブルマナーや食事中の会話が自分の印象を左右するのはもちろんですが、入店したときの振る舞いも意外に注目されているかもしれません。そこで今回は、10代から20代の独身男性に聞いたアンケートを参考に「お食事デートで男性に幻滅される『入店時のNG行動』」をご紹介します。

【1】「なんか狭くない?」などとネガティブな第一印象を口にする

「しかも案内係の店員さんに聞こえる距離で、デリカシーのなさに呆れた」(20代男性)というように、入店早々お店のことを悪く言うと、「無神経な女」だと思われてしまうようです。頭に浮かんだことがすぐ口から出てしまう人は、特に気を引き締めましょう。

【2】「この店か…」とガッカリして、誘ってくれた男性への礼を欠く

「期待外れだとしてもそれを表に出すのは大人げないと思った」(20代男性)というように、連れてきてもらったお店に落胆する様子を見せて、反感を買うパターンです。「前にもデートで来たのか?」とあらぬ誤解を招く危険もあるので、ここはポーカーフェイスを貫くのが得策でしょう。

【3】待ち時間があると分かると、たちまち不機嫌になる

「予約しても待たされることはあるのに、まるで女王気取り。こっちまでムカついた」(10代男性)というように、入店時の小さな不手際に苛立ちを隠せずにいると、高飛車な印象を与えてしまいそうです。トラブルがあったときこそ笑顔を見せて、株を上げたいところです。

【4】店内の様子やほかの客を、品定めするかのように眺め回す

「査察に来た偉い人みたいで、なんか怖かった(笑)」(20代男性)というように、眼光鋭く周囲を観察するのも控えたほうがいいでしょう。ただし、「かわいいお店!」などと感激した様子で見回せば、「誘ってよかった」とかえって喜んでもらえるかもしれません。

【5】テーブルの上にハンドバッグをドンと載せる

「当然のように置くのを見て、微妙な気持ちになった」(20代男性)というように、ふとした瞬間に「行儀の悪さ」が出てしまうケースです。荷物入れがない場合は、小さなバッグなら椅子の背もたれとお尻の間に、大きな鞄は足元に置きましょう。

【6】「もっといい席ないの?」などと店員に横柄な態度を取る

「礼儀正しく頼むならいいけど、タメ口はない。一気に冷めた」(20代男性)というように、相手の男性だけでなく、お店の人にも丁寧に接したほうがよさそうです。気持ちよくお願いすれば、「人当たりのいい子だなあ」と評価が上がる可能性もありそうです。

【7】着席するやいなや、スマホを開いてチェックする

「これから楽しく食事ってときにスマホを出されると、その程度のワクワク感なのかとガッカリする」(20代男性)というように、席に着いた途端にスマホチェックをするのは、心証が悪いようです。大事な用事があるなら、一言断ってからスマホを手に取りましょう。

【8】注文も済んでいないうちから、やたらと店内の写真を撮りまくる

「店でいきなりカシャカシャするのはマナー違反だと思うので、かなりイライラした」(10代男性)というように、お店の様子を撮影することに不快感を示す男性もいます。相手が嫌そうな表情を見せたら、「嬉しくてはしゃいじゃった」などと言い訳すると機嫌を直してもらえるかもしれません。

【9】テーブルに肘をつきながら、だるそうにメニューを選ぶ

「いやいや来たのかと疑いたくなるような態度で、誘ったことを後悔した」(20代男性)というように、食事中はもちろん、それ以外のときでもだらしなく姿勢を崩すのはNGのようです。大事な場面で損をしないよう、肘をつく癖のある人は直す訓練をしたほうがいいでしょう。

何度目かのデートだと、つい油断してボロが出てしまいそうです。見られていることをつねに意識し、緊張感を保ちましょう。(安藤美穂)

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.biglobe.ne.jp/trend/1102/osg_191102_1317290703.html