もしかして好きなの…?男が「この子、俺に気がある」と確信するLINE3つ

もしかして好きなの…?男が「この子、俺に気がある」と確信するLINE3つ

2019年10月30日 20時45分

LINE体験談
恋愛
anan

好きな人と頻繁に連絡を取っていたとしても、なかなか気持ちは伝わりづらいもの。自分のことが好きなのかどうか……様々な思いを巡らせます。しかし、そうやってあれこれ考えることで、気持ちは盛り上がっていくものです。今回はそんな、“この子俺に気があると確信するLINE”というテーマで、男性たちに話を聞きました。

文・塚田牧夫

「誕生日の近くで空いてる日は?」

「1度だけ食事に行った女の子がいたのですが、だいぶ日が空いてからLINEが来たんです。“誕生日の近くで空いてる日ってありますか?”と。

まず、誕生日を覚えてくれているのが嬉しいじゃないですか。しかも、どう考えてもお祝いしてくれるってことでしょう?

こっちはいつでも空いてますよと。なんなら当日でも。まあ、一応、“予定見てみる”と様子を見ますよね」タクヤ(仮名)/28歳

誕生日に限らず、以前に話した内容を覚えてくれているのは嬉しいもの。自分に気がある……とも思います。また、誕生日をお祝いしたいけど、当日は避けようとしている遠慮がちな姿勢も、男性ウケしますね。

「もう少し残っていればよかった」

「友だち数人で集まって飲もうという話がありました。そこには、俺が気になる女の子も来る予定でした。ただ、その日は仕事で遅くなりそうだった。

それでも、なんとか終わらせて駆け付けたのですが、意中の子はすでに帰ってしまっていた。

すると、誰かがそのことを伝えてくれたのでしょう。“あのあと来たんですね”とLINEが。しかも、“なら、もう少し残っていればよかった”だって。これは、気があるってことでしょう?」タカ(仮名)/30歳

「会いたかった」と言いたいけれど、直接的な表現は避けたい。そこで、間接的にそういう意味を伝えたのだと、男性も捉えるでしょう。言い回しを工夫しているところに、いじらしさを覚えます。

「弟子にしてください」

「恋愛の相談に乗っていた女の子がいました。結局はうまくいかなかったようで、LINEで報告が来たのです。こっちとしては、“次がある!”と伝えました。

すると、“弟子にしてください”と言うのです。“いろいろ教えて欲しい”とまで。ドキッとしますよね。

これはもう、恋愛に発展するパターンでしょう。“修業は厳しいぞ!”と返しました」ショウマ(仮名)/27歳

恋愛相談から、その2人が恋仲になっていくパターンはよくあります。「弟子にしてください」なんて言われれば、男性としては、側にいたい……という意思表示のようにも感じますよね。

“男がこの子俺に気があると確信するLINE”をご紹介しました。

もしかしたら、何とも思っていない相手にこういったメッセージを送ると、勘違いさせてしまう場合もあります。余計ないざこざに巻き込まれないように気を付けてください。

©StoryTime Studio/shutterstock

©astarot/shutterstock

©GaudiLab/shutterstock

anan

2019年10月30日 20時45分

LINE体験談
恋愛
anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!


あなたへのおすすめ

好きな人と頻繁に連絡を取っていたとしても、なかなか気持ちは伝わりづらいもの。自分のことが好きなのかどうか……様々な思いを巡らせます。しかし、そうやってあれこれ考えることで、気持ちは盛り上がっていくものです。今回はそんな、“この子俺に気があると確信するLINE”というテーマで、男性たちに話を聞きました。

文・塚田牧夫

「誕生日の近くで空いてる日は?」

「1度だけ食事に行った女の子がいたのですが、だいぶ日が空いてからLINEが来たんです。“誕生日の近くで空いてる日ってありますか?”と。

まず、誕生日を覚えてくれているのが嬉しいじゃないですか。しかも、どう考えてもお祝いしてくれるってことでしょう?

こっちはいつでも空いてますよと。なんなら当日でも。まあ、一応、“予定見てみる”と様子を見ますよね」タクヤ(仮名)/28歳

誕生日に限らず、以前に話した内容を覚えてくれているのは嬉しいもの。自分に気がある……とも思います。また、誕生日をお祝いしたいけど、当日は避けようとしている遠慮がちな姿勢も、男性ウケしますね。

「もう少し残っていればよかった」

「友だち数人で集まって飲もうという話がありました。そこには、俺が気になる女の子も来る予定でした。ただ、その日は仕事で遅くなりそうだった。

それでも、なんとか終わらせて駆け付けたのですが、意中の子はすでに帰ってしまっていた。

すると、誰かがそのことを伝えてくれたのでしょう。“あのあと来たんですね”とLINEが。しかも、“なら、もう少し残っていればよかった”だって。これは、気があるってことでしょう?」タカ(仮名)/30歳

「会いたかった」と言いたいけれど、直接的な表現は避けたい。そこで、間接的にそういう意味を伝えたのだと、男性も捉えるでしょう。言い回しを工夫しているところに、いじらしさを覚えます。

「弟子にしてください」

「恋愛の相談に乗っていた女の子がいました。結局はうまくいかなかったようで、LINEで報告が来たのです。こっちとしては、“次がある!”と伝えました。

すると、“弟子にしてください”と言うのです。“いろいろ教えて欲しい”とまで。ドキッとしますよね。

これはもう、恋愛に発展するパターンでしょう。“修業は厳しいぞ!”と返しました」ショウマ(仮名)/27歳

恋愛相談から、その2人が恋仲になっていくパターンはよくあります。「弟子にしてください」なんて言われれば、男性としては、側にいたい……という意思表示のようにも感じますよね。

“男がこの子俺に気があると確信するLINE”をご紹介しました。

もしかしたら、何とも思っていない相手にこういったメッセージを送ると、勘違いさせてしまう場合もあります。余計ないざこざに巻き込まれないように気を付けてください。

©StoryTime Studio/shutterstock

©astarot/shutterstock

©GaudiLab/shutterstock

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://beauty.biglobe.ne.jp/news/love/anan_191030_0545000187/