ドキドキしちゃう…♡ 男が離れられなくなる「キステクニック」4つ

ドキドキしちゃう…♡ 男が離れられなくなる「キステクニック」4つ

2019年10月31日 20時45分

恋愛テクニック
恋愛
anan

好きな人とキスをすれば、幸せな気分になれるでしょう。穏やかなキスもいいですが、たまには刺激的なキスも欲しいですよね? そこで今回は、“彼氏がメロメロになるキステクニック”というテーマで、男性の意見をもとにご紹介いたします!

文・塚田牧夫

舌で血管をなぞって

「彼女とまだ付き合ったばかりのころ。家で寛いでいたら、彼女が俺の腕を見て、“血管好き”と言って、腕を触り始めたのです。するとしばらくして、その部分にキスし始めて……。

さらに舌でペロペロと血管をなぞるのです。同じように今度は首筋の血管も舐めてきて、そのあと唇にキス。かなり興奮しました」ヨウタ(仮名)/28歳

血管自体は、さほど感覚のある部分ではありません。舐められたり、舌でなぞられたりする、視覚的な刺激が強かったのでしょう。

歯をカツッと鳴らす

「あるとき、彼女とキスをして、勢い余って歯が当たり、カツッと音が鳴りました。その音がなんか小気味良くて、心地良かったです。

以来、彼女とキスするときは、よくカツカツ鳴らしています。意外と楽しいですよ」マサハル(仮名)/30歳

自分以外の人と歯が当たるという状況はなかなかないですから、興奮したのでしょう。あまり勢いをつけすぎて、出血沙汰にならないようには注意が必要です。

焦らして最後に

「ナンパした子とバーへ。そこでキスをしようとしたら、“キスはダメ”だと拒まれました。

それでも何度もお願いをしたところ、最後に顔を寄せてきて、一瞬だけチュッとキスしてくれた。それがすごく良かった」ハルト(仮名)/25歳

さんざん焦らしておいて、最後にキス。キスの価値も高まりますよね。恋人同士でも、こういった焦らしパターンは、意外な興奮をもたらします。

強烈なニオイとともに

「クラブに行ったときです。ちょっと離れたところで、キレイな外人の女性がいて、踊っていました。そこで、チラッと目が合いました。何回かそういうシーンがあり、これはもしかして……と思いました。

で、思い切って近付いて行ったら、いきなりキス! しかし、気になるニオイが……。たぶん、ニンニクを食べたのでしょう。臭かった……けど、なんか興奮した」マモル(仮名)/31歳

この場合は、キレイな見た目から想像つかない口臭がするという、ギャップが効いていたのでしょう。しかし、男性のなかには、変なニオイに反応するタイプもいます。彼の好みを調査して、試してみてもいいかもしれませんよ。

“彼氏がメロメロになるキステクニック”をご紹介しました。

キスにも種類があります。安らぎを与えるもの、興奮を煽るものなど、様々です。ワンパターンでは飽きてしまう可能性もあるので、いろいろ試して彼が求めるキスをたっぷりとしてあげてください。

©Majdanski/shutterstock

©4 PM production/shutterstock

©Jacob Lund/shutterstock

anan

2019年10月31日 20時45分

恋愛テクニック
恋愛
anan

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!


あなたへのおすすめ

好きな人とキスをすれば、幸せな気分になれるでしょう。穏やかなキスもいいですが、たまには刺激的なキスも欲しいですよね? そこで今回は、“彼氏がメロメロになるキステクニック”というテーマで、男性の意見をもとにご紹介いたします!

文・塚田牧夫

舌で血管をなぞって

「彼女とまだ付き合ったばかりのころ。家で寛いでいたら、彼女が俺の腕を見て、“血管好き”と言って、腕を触り始めたのです。するとしばらくして、その部分にキスし始めて……。

さらに舌でペロペロと血管をなぞるのです。同じように今度は首筋の血管も舐めてきて、そのあと唇にキス。かなり興奮しました」ヨウタ(仮名)/28歳

血管自体は、さほど感覚のある部分ではありません。舐められたり、舌でなぞられたりする、視覚的な刺激が強かったのでしょう。

歯をカツッと鳴らす

「あるとき、彼女とキスをして、勢い余って歯が当たり、カツッと音が鳴りました。その音がなんか小気味良くて、心地良かったです。

以来、彼女とキスするときは、よくカツカツ鳴らしています。意外と楽しいですよ」マサハル(仮名)/30歳

自分以外の人と歯が当たるという状況はなかなかないですから、興奮したのでしょう。あまり勢いをつけすぎて、出血沙汰にならないようには注意が必要です。

焦らして最後に

「ナンパした子とバーへ。そこでキスをしようとしたら、“キスはダメ”だと拒まれました。

それでも何度もお願いをしたところ、最後に顔を寄せてきて、一瞬だけチュッとキスしてくれた。それがすごく良かった」ハルト(仮名)/25歳

さんざん焦らしておいて、最後にキス。キスの価値も高まりますよね。恋人同士でも、こういった焦らしパターンは、意外な興奮をもたらします。

強烈なニオイとともに

「クラブに行ったときです。ちょっと離れたところで、キレイな外人の女性がいて、踊っていました。そこで、チラッと目が合いました。何回かそういうシーンがあり、これはもしかして……と思いました。

で、思い切って近付いて行ったら、いきなりキス! しかし、気になるニオイが……。たぶん、ニンニクを食べたのでしょう。臭かった……けど、なんか興奮した」マモル(仮名)/31歳

この場合は、キレイな見た目から想像つかない口臭がするという、ギャップが効いていたのでしょう。しかし、男性のなかには、変なニオイに反応するタイプもいます。彼の好みを調査して、試してみてもいいかもしれませんよ。

“彼氏がメロメロになるキステクニック”をご紹介しました。

キスにも種類があります。安らぎを与えるもの、興奮を煽るものなど、様々です。ワンパターンでは飽きてしまう可能性もあるので、いろいろ試して彼が求めるキスをたっぷりとしてあげてください。

©Majdanski/shutterstock

©4 PM production/shutterstock

©Jacob Lund/shutterstock

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://beauty.biglobe.ne.jp/news/love/anan_191031_6670647060/