プライド高い彼女の作法が… ドラえもんのような握り方に唖然

ペンと紙(Creativeye99/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

人体における「日常生活で最も使う頻度が高い」箇所といえば、やはり手になるだろう。その分人目にもつきやすいパーツではあるが、『Yahoo!知恵袋』では恋人の指先に関する投稿が注目を集めている。

■投稿主の悩みとは…

投稿主は、恋人のペンの持ち方に悩んでいる模様。トピックには「百年の恋も冷めてしまいました」「言いにくくてまだ言えませんが、 あまりの酷さにドン引きしてしまいました」と綴られている。

その握り方を「ドラえもんのようでした」と国民的キャラクターに喩えており、「もし結婚して子供にうつったらと思うとゾッとします」と打ち明けていた。

関連記事:あなたもブラックリスト客かも! 店員が語る「イライラする客の特徴」がリアルすぎる

■あまりに酷い握りかたに…

PCやスマホの普及により、昔と比べて直筆が必要となる状況はグッと減ったもののゼロではない。投稿主の彼女も今後さまざまな場所でペンを手にとる機会があることだろう。

トピックには「本人に言ってあげましょうよ。少しずつ改善していけるのでは?」「なおるかどうかは分からなくても、まずは教えてあげるべきです」といったアドバイスが多数寄せられていた。

しかし彼女はかなりプライドが高いようで、投稿主は「言ったら逆ギレしそうです」と頭を抱えている模様。

■相手の手元が気になるケース

ペンの握り方がかなり特殊だったとのことだが、箸の握り方も同様だったのだろうか。しらべぇ編集部が以前、全国20〜60代の男女1,354名を対象に調査したところ、「箸の持ちかたがおかしい人に寛容である」と回答した人は全体の47.9%と判明している。

箸の持ち方に寛容か

人によっては、自分が思っている以上に細かい部分がチェックされているもの。ペンの握り方に違和感のない人も、念のため自分の手元を一度確認してみたほうが良いかもしれない。

・合わせて読みたい→好きな人に告白しようとしたら… 明かされた衝撃の事実に「意味不明」

(文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2017年9月29日〜2017年10月2日

対象:全国20代〜60代の男女1354名(有効回答数)

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.biglobe.ne.jp/trend/0113/srb_200113_3912941073.html