男目線で解説「結婚向き男性」の捕まえ方

男目線で解説「結婚向き男性」の捕まえ方

2019年10月31日 11時10分

結婚
男性心理
恋愛
マイナビウーマン

「男の気持ちは男に聞くのが一番早い!」恋愛コラムニストのTETUYAです。

人それぞれ好きな男性の好みはあります。そして、好きなタイプは、年齢を重ねるごとに変化していくこともよくあること。

ただ付き合っているレベルであれば、正直、どんなタイプでもいいと僕は思うんですが、いざ結婚となると、女性についていく男性より、女性を引っ張っていく「強い男」がいいと僕は思います。

今回は、その中でも具体的に「芯の強い男」について書いてみたいと思います。

■「芯の強い男」とは。なぜモテるのか

「芯の強い男」を定義するなら、「いざというときに頼りがいのある男」のこと。

最悪、いつもじゃなくて、いざというときでいいんです。仮に何かに迷ったときに、道標をしめしてくれる男性は、女性のマジョリティからしても人気があるのはもちろんです。

たまに、頼りがいがない男性が好きという女性もいますが、それは少数派でしょう。

■「芯の強い男」の11つの特徴

僕が思う「芯の強い男性」の特徴を紹介します。

◇(1)お酒にだらしなくない

お酒にだらしない男性って、芯が弱い男性だと思うんです。酔っちゃえば、「ハメをはずして何でもやっていい」「お酒のせいにすればいいや」という甘えが心のどこかにある。

逆に、芯の強い男性は、基本的に酔ったときでも、自制できるのでちゃんとしてるている場合が多いです。仮に酔っぱらって後悔したとしても、自責の念で自分を戒めることができます。

◇(2)自分の夢がある

芯の強い男性は、自分の将来のヴィジョンをしっかり持っています。それは、アバウトなモノではなくて具体的なモノです。やっぱり目標に向けて一歩ずつ近づける男性です。

◇(3)人の意見に左右されない

自分の意見をもっているので、人の意見で安易に左右されることはありません。それが正しいかまちがいかはさておき、「俺はこうだ!」という意見があるのです。いわば、いい意味での頑固さも合わせもっているということです。

◇(4)動じない(肝がすわってる)

芯の強い男性は、何かトラブルやアクシデントが起こったときに、「どうしよう……」と慌てることなく「とりあえず落ち着こう」と冷静になって物事を対処できる人です。

◇(5)お金の管理がきちんとできる

金払いがよくても、自分の全財産をちゃんと把握しています。計画的にお金を使うことができ、自己管理能力が高いです。

◇(6)努力を怠らない

芯の強い男性は、努力も怠りません。一度たてた目標のためには、途中で投げ出さずコツコツと努力を積み重ねることができます。

◇(7)自慢しない

自慢話が多い男ほど、芯の弱い男性だと思います。ただ、それは自慢話で自分を大きく見せたいだけ。芯の強い男性なら、人前で自慢話ばかりしません。なぜなら、日頃の自分に自信をもっているからです。

◇(8)嘘をつかない

たとえば極端な話、彼女がいたとしても「俺、彼女いるけど君のことが好きになったんだ」と、ストレートに嘘をつかず告白します。芯の弱い男性ほど、自分の判断に責任が持てず、彼女がいたとしても、それを隠して二兎追う傾向があります。

◇(9)自分のことが好き

芯の強い男性は、自分なりに自信があるぶん、自分のことが好きな雰囲気が会話をしていて伝わってきます。

◇(10)仕事ができる、成功している

何事もやり遂げられる人は、芯の強い男性。だから、仕事で成功している、仕事ができる人は必然的に芯の強い男性ということになるわけです。

◇(11)約束を守る(レスが早い)

約束を期限までに必ず守る、LINEの返信があるのは当たり前で、さらに言うならレスも早いです。人の信用を裏切らない男性も、芯の強い男性といえるでしょう。

■「芯の強い男」を落とす方法

「芯が強い男」を落とす方法を、いくつか紹介したいと思います。よく聞く方法だと思うかもしれませんが、やはり基本が大事! まずは一度試してみてください。

◇自立したおとなの女性をアピール

前段でも言ったように、芯が強い男性は将来のことをちゃんと考えています。そうなると女性に求めるものは、勉強ができるというより、将来一緒に生活していけるかどうかです。

生活していける能力とは、家事だったり、金銭感覚だったり、生活するうえで必要となる最低限の能力です。そのあたりはしっかりマスターしてアピールするといいですね。

◇従順な女性をアピール

芯の強い男性は、もちろん女性を一生大事にしていく覚悟がある反面、「俺の言うことには従ってほしい」という、亭主関白な傾向があります。

だから、女性にも、なるべくなら従順でいてほしいと思うことも。

もちろん、従順すぎるのも物足りなさを感じてしまう場合がありますが、彼を頼り、正しいと思うことには従っていける感じをアピールすれば問題ないです。

ひとつひとつに「いや、それはちがう」と否定し、マウンティング癖のある女性は合わないと思われる可能性があります。

◇話をよく聞く女性をアピール

芯の強い男性の特徴として、自分に自信をもっている男性が多いと上述しました。となると、話好きであることが多いです。

それに対して、「すごい」「そうなんですね」「それから?」などの相づちをうちながら、興味をもって話を聞くよう心がけると、意外と「この子いいかも」という空気感に変わっていきます。

最終的には「芯の強い男」がオススメ!

僕の持論ですが、人生一度きりなので、若いうちは色んなタイプの男性と付き合うのもいいと考えています。

ただ、もしあなたが将来、結婚したいタイプを選ぶときは、「芯の強い男」という条件は加えておいたほうがいいと思います。

経験者の僕から言わせてもらうと、結婚すると生活するうえで色々と重要な決断する場面が出てきます。それは、自分だけのことではなく、奥さんや子どものことも考えなくてはいけないことも多いです。

そこで、優柔不断で決断ができないと、路頭に迷うことだってゼロじゃありません。自身が決断できないタイプであれば、迷わず「芯の強い男」をオススメします。

ぜひ、今回紹介した特徴を参考に「芯の強い男」を見つけ出し、アプローチしてみてください。

(TETUYA)

※画像はイメージです

マイナビウーマン

2019年10月31日 11時10分

結婚
男性心理
恋愛
マイナビウーマン

BIGLOBE Beauty公式SNSはこちら!


あなたへのおすすめ

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://beauty.biglobe.ne.jp/news/love/myw_191031_8615687622/