私のことどう思ってるの…「曖昧な態度」を取る男性心理とは?

一緒に過ごすことは多いのに、なかなかそれ以上の関係性には発展していかない。
そんな曖昧な関係を続けられたら、女性としては「どういうことなの?」と不安な気持ちになるだけでしょう。
そこで今回は、「曖昧な態度」を取る男性心理を紹介します。

まだ「自信」が持てない

男性はこと恋愛に関しては臆病な人が多いので、なかなか自分に自信が持てなかったりもします。
はっきりとしないで曖昧な態度を取るのも、「もしかしたらフラれるかも」という不安が拭い去れないからなのかも。
ある程度の確証のようなものが持てないと、告白をする踏ん切りもつかないといった状態なのでしょう。
あなたのほうからも、「好き」という言葉をさりげなくつぶやいたりして、ややわかりやすく好意を示すようにすると、男性も自信が持てるようになる可能性もありますよ。

「悩んでいる」最中である

好意は持っているものの、「この子と付き合ってもいいのか」と悩んでいる最中のときには、ちょっと曖昧な態度を取ることもあるかも。
それは別に悪い意味ではなく、真剣にあなたとの交際について考えているということなのでしょう。
まだお互いのことを知り合おうとしている期間のときには、変に焦らせたりするのは逆効果になるだけです。
曖昧に見えるからといって、すぐに答えを出そうと急ぎすぎると、うまくいくものもいかなくなる危険性も高いですよ。

「遊び目当て」である

はっきりとしたことを言わないのは、「遊び目当て」である危険性も秘めています。
付き合う気はないけれど、エッチな関係にはなりたいと考えていたりする場合は、どっちつかずな態度を取り続けることでしょう。
「愛してる」「好きだ」「君は大事な人」なんて、歯の浮くようなセリフを簡単に言えてしまう男性には注意が必要かも。
そのくせ、「付き合おう」という最後の言葉だけは絶対に口にしないのであれば、確信犯であると考えて間違いないですよ。

そんなつもりは「全くない」

あなたには曖昧な態度に見えていても、男性からすると「そんなつもりは全くない」というパターンもよくあります。
ただ楽しいから仲良くしたり一緒にいたりするだけで、別に男女の関係になろうという気持ちは持っていないのでしょう。
あなたのことを異性として意識しているのであれば、緊張感が多少なりとも伝わってきたり、何かしらのアプローチを仕掛けてきたりもするはず。
そういったことが一切なく、本当に一緒にいることが多いだけなのなら、友達以上には見られていない証拠ですよ。

さいごに

好きな女性に対しては、男性も慎重になってしまうもの。曖昧な態度なのは、悪い意味ばかりではなく、そういった意味合いが含まれていることもあるので、相手から好意や誠意が感じられるかを見極めたほうがいいですよ。
(山田周平/ライター)

引用元はこちらです。記事に関するご質問は引用元へお問い合わせください。https://news.biglobe.ne.jp/trend/1104/ymy_191104_7182964158.html